ドラッグストアに転職するメリットについて

ドラッグストアに転職するメリットについて

薬剤師という仕事は専門性の高い職業の1つです。 そのため、活躍できる場は主に病院やドラッグストアや製薬会社や大学の研究室などに制限されている狭く深い業界と言えます。

このような専門知識を兼ね備えた薬剤師の方が就職をし、転職をする際に他の業種とは違い、いくつかの有利点があります。

1つ目は、残業の少なさです。 薬剤師の男女比ですが、男3:女7となっており女性のほうが圧倒的に多いことが分かります。 そのため、結婚を気に退職をし妊娠の間に退職をするなど、入れ替わりが発生しやすい職場であると言うこともあります。

ただしメリットとしては、入れ代わりが多いことからしばらく現場から離れていた薬剤師の資格を持つ、離職者社会復帰しやすいということがいえます。 ドラッグストアを除いてみると1名から2名の薬剤師を常駐させているところもあります。 専門職だけに、給与が一般のパートタイマーの方に比べると、自給が1200円以上と言う場合も多いです。

また、基本的に残業はありません。ドラッグストアの場合は、店のオープンと同時に出勤をして18時前には退店をしているという規則正しいシフトの中で仕事とプライベートを両立しやすいことがいえます。 2つ目に、育児に専念できる。

女性の場合、職場復帰をしたくてもできない理由の多くが子育てだといえます。 仕事をもつと子育てを最優先にはしずらくなり、急な子供の発熱などで早退することが何度も続くと職場の顔色も悪くなります。

致し方ない理由とはいえ、何度もくりかえされると木が引けてくるものです。結局、仕事をすると人に迷惑をかけてしまうと言う心境から仕事に復帰できない人もおおいのですが、薬剤師は違います。

替えの聞かない存在だからこそ、たしょうの融通が利きやすいメリットがあります。また、自宅近くのドラッグストアで勤務をすることで通勤時間を短くすませることにもつながりますので、プライベートと仕事を両立しやすいと言う側面があります。 専門職は大変、社会に出てから有利だといえます。