薬剤師になるためには

薬剤師になるためには

”薬剤師”と聞くと一般的に病院に勤務しているというイメージを持たれている方が多いかと思われます。しかし、実際は病院だけではなく薬局、製薬会社、保健所、麻薬取締役官と様々な場所で勤務することができます。

薬剤師は専門学校、短大大学、大学(夜間部門)はなく、大学の薬学部で正規課程を修め、なおかつ薬剤師国家試験に合格しなければ資格を取得することができません。薬学系の大学は「国立」「公立」「私立」と全国で74校あります。

以前は薬学部は4年制でしたが現在は6年制の課程を修めなければ薬剤師国家試験を受けることができません。薬剤師になるまでの道のりは大変ですが、薬剤師資格さえもっていれば独立開業することができます。そして女性が働きやすい環境です。

薬剤は専門の職業なので仕事内容において男女が同じ労働条件でき、力仕事や出張もないので結婚・出産後も正社員・アルバイト・派遣社員として職業体勢を変えれることが出来るので再就職がしやすいのです。一般的な薬剤師のお仕事はドクターの処方にそって薬を調合します。

その仕事には細かい作業でミリグラム、ミリリットルという細かい数値を丁寧に計測しながら薬を調合しなければならないので几帳面な仕事内容が求められます。そして、患者さんに薬がどんな効果があるのか、どのように服用すれば良いのか、そしてどのような副作用があるかを一度で「丁寧に」「正しく」「分かりやすく」薬について説明することが求められています。

いろいろと大変ですが、薬剤師の平均年収は38.6歳で531万円ほどとなっております。平均なので勤務地や勤務先でもっと高い年収を見込むことができます。一般的なOLやサラリーマンに比べて年収が高いのが魅了ですが、薬剤師は一生勉強がつきものです。それは医薬品が日々、進化しているからです。こうした理由により常に新しい薬が出てきて、その都度、患者さんに説明しなければならないのです。